運転資金調達に役立つとして話題のファクタリングは、ビジネスローンと比べてどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。ここではファクタリングの手数料や資金調達スピード、個人信用情報機関への登録の有無などについて説明しています。緊急時の資金調達に役立つファクタリングを活用し、キャッシュフローを健全にしていきましょう。

 

ファクタリングのメリットを知って賢く資金調達を

運転資金が不足している状況でビジネスローンに申し込んだら、審査に落ちたという経験をお持ちの人は多いでしょう。運転資金不足に悩んでいるときはキャッシュフローが不安定になっていることが多く、ローンの審査に落ちることが多いです。そんなときに重宝するのがファクタリングで、取引先の売掛金を担保にすることで資金調達をする方法です。ファクタリングのメリットは資金の調達までがスピーディーなことで、最短即日を売りにしている会社もあります。通常は3~5日程度での入金となりますが、それでもビジネスローンより短いです。銀行の事業融資の場合ですと、融資まで1ヶ月以上かかることもあるのです。

 

ほかにもファクタリングには数多くのメリットがあります。担保・保証人を用意する必要がありませんし、個人信用情報機関に登録される心配もありません。売掛金を譲渡して資金調達する性質から、すでにローンや税金の支払いを滞納している人でも申し込みできるのです。さらに調達したお金は返済する必要がなく、これはファクタリングが売掛金を譲渡して資金を得る行為であり、借金には該当しないためです。ファクタリングには2社間と3社間のサービスがあり、前者なら売掛先に資金調達の事実がバレることはありません。

 

ファクタリングのデメリットも知っておこう

一方でファクタリングにはデメリットも存在します。ローンより高い手数料が設定されており、売掛金の5~30%くらいの報酬を支払いするのが普通です。売掛金の価値が1000万円で、報酬利率が10%なら手数料は100万円になります。またファクタリング会社の中には掛け目を設定しているところがあり、担保価値を時価よりも低く評価します。1000万円の売掛金に対して掛け目が90%だと、調達できる金額は900万円になるわけです。ただ掛け目に基づいて支払った金額は、ファクタリング会社が売掛金を回収したら返還されますから、実質的な手数料はファクタリング会社に支払いする報酬だけとなります。手数料を抑えるためには売掛金も含めて面談交渉をする3社間のサービスが適していますが、売掛先にファクタリングの事実がバレるデメリットがあります。

 

ファクタリングとローンの違いを把握しておこう

ビジネスローンの利用ができないときに運転資金を素早く調達できるのがファクタリングのメリットです。ローン商品には該当しないという性質から、個人信用情報に傷がついている場合でも申し込みできます。これに対してデメリットは、ファクタリング会社に支払いする報酬がローンの利息より高く設定されていること、売掛先に資金調達の事実を知られる可能性があることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ